飾り房(ボンボン)のカスタムメイド

オリエンタルムーンはギャッベ専門家のお店なので、飾り房(ボンボン)のカスタムメイドも出来ます。
今回は、ギャッベに合わせて、ご希望いただいた青系のボンボンをつけました。
落ち着いて良い感じ。

ギャッベ 飾り房 ボンボン カスタム ギャッベ ギャベ 飾り房 ボンボンのカスタム


ホシナマイ・ギャッベが防炎認定を取得しました

この度、当店オリジナルブランドである 「ホシナマイ・ギャッベ」が、防炎認定を取得いたしました。ホシナマイ・ギャッベの裏面には防炎マークをつけてお届けいたします。一般のご家庭はもとより、ホテルや学校、公共施設にも安心して導入していただけます。

ホシナマイギャッベ防炎認定取得裏面の防炎マーク

防炎認定とは?
消防法の防炎規制では不特定多数の人が出入りする施設・建築物や高層建築物、地下街等の防炎防火対象物で使用されるカーテンやじゅうたん等は防炎性能を持つ防炎物品の使用が義務づけられており、それらには「防炎」の表示をつけることになっています。


ギャッベ→シラーズ→ワイン

ご存じ無い方もいると思いますが、イランは禁酒の国でアルコールはご法度です。ただ、これは現在の話で、昔はOK、ペルシャ細密画にも宴の席にお酒が描かれていますし、このようなデザインはペルシャ絨毯にも多用されています。イランの酒宴、ワイン産地シラーズ地方ワインを飲む、ペルシャ細密画

ギャッベが作られる地方「シラーズ」と聞くと、ギャッベより「ワイン」を思い浮かべる方もいると思います。フランス、ローヌ地方の赤ワイン用ブドウ品種「シラー(Syrah)」は、オーストラリアではシラーズ(Shiraz)と呼ばれていますが、一説には元々イランが原産で、シラーズで生産されていたこの品種がフランスに持ち込まれたのがはじめとか。ちなみに世界で、「シラーズ(Shiraz)」という地名はイランにしかないそうです。

禁酒ルールに慣れているので、あのシラーズでワインが作られていたとか、グラス片手にお花見とか想像するとちょっと不思議な感じがします。

シラー(シラーズ)ワイン

先日コストコで見つけて購入してみました。この品種のワインは初めてでしたが飲みやすくて美味しかった。

 


運転免許の返納

母の運転免許の返納に付き添ってきました。
つい最近まで、「もうしばらくは乗りたい」と言っていたのですが、偶然にも、車が故障して1、2週間乗らないでいる間に、本人の運転への自信が徐々に薄れてしまったようで、結果的にポジティブな返納と相成りました。

私たちが、「人でもひいたら大変。」と思うのに対し、本人は、「事故で怪我でもしたら大変だから・・・」と言っていて、お年寄りの心持ちに対しての良い気づきもありました。

私も、もうそろそろと思っていたので、故障は良いキッカケだったのかもしれません。今は、保険や税金、車検、ガソリンなどの車の維持費をタクシー等に振り替えて、外出を楽しんでいるようです。

ところで、運転経歴証明書の交付の手続きに1100円かかったのですが、高齢者は無料でもいいのではないでしょうか。わざわざ出向いて時間もお金も掛かる、そこは少し損した気分になりましたから。

免許返納

 

 


JAPANTEX2019

当店は、東京ビッグサイトで開催中のジャパンテックス2019に出展中です。普段は、倉庫に保管してある品々を見ているので、このように壁にディスプレイされたギャッベを見て、本当に綺麗だなあと惚れ直しました。当店の歩む道は間違いないことを確信、今日はそんなギャッベたちを見れただけでも良かった。

ジャパンテックス2019

当店独自ブランドのホシナマイ・ギャッベ、キレイでしょ!